富山 day5

”わくわくする公園をみんなでつくろう!”
氷見市の想いが広がり、
子どもたちと一緒に色付けた石ころで、
カラフルなモザイク植木鉢作品ができました。
この作品を通して、
たくさんの人が朝日山公園に訪れてくれるといいな。
企画してくださったハマモトさん&ナナちゃんはじめ、
氷見市民のみなさま・色んな形で応援してくれたみなさまに、
心から感謝いたします。
ありがとうございました!

************************************

『ハルディン デ アサヒヤマ』 岡田杏里

古くから人々にとって山は信仰の対象でありました。
私は初めて氷見を訪れ、
ここ朝日山もまた、
信仰の対象になっている山だということを知りました。
山の頂上へ登ると、手の届きそうなくらい空が近く、
そして目の前に広がる氷見の町並と、
隣接する深くて蒼い海を見ていたら、
「水平線から朝日が登るんだよ」と地元の方に教わりました。
大自然と共に暮らす氷見の人々の
自然への畏敬と祈りを感じずにはいられません。

今回の作品は、氷見に伝わる土地の記憶、
そして海、山、太陽、月、星、草花、波など
自然の織りなす色やリズムをイメージし
氷見市の方々と共に制作しました。

作品に使用している石は氷見堀田・みなもと造園様、
木材は十二町・岸田材木様の間伐材”ひみ里山杉”を使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です